money style

美術品のせどり

古本

せどりとは

企業からの主な収入のほか、お小遣い稼ぎに副業を考える人は多いでしょう。副業についても様々なものが存在しますが、そのなかでせどりは比較的簡単にでき、実行しようと思えば誰でもすぐにできます。

そもそも、せどりとは、「競取り」と書き、市場で安く売られている商品を購入し、購入した金額よりも高めに値段を設定、売却することで利益を得る方法を指します。主に古本屋さんが仕入れている本を安く購入し、転売する言葉として多用されています。

「せどり」と「転売」は厳密には、異なる用語ですが時代の流れと共に、その境界線も曖昧になり明確な線引きがされておりません。

美術品の仕入れ方

基本的に、せどりは特別な手続きを必要としませんが、商品によっては、第3者からの取り扱い許可をもらう必要があります。

例えば、古物市場に目をつけて骨董品のせどりをする場合では、古物商許可証が必要になります。中古品を取り引きは原則許可証がないと法律に引っかかってしまいますので、売買をする前に公安委員会に古物商許申請をしましょう。

インターネットを利用して、オークションを始めるのも1つの方法です。オークションサイトに登録すれば気軽に入札や出品ができるため、それを利用して価値のある商品を品定めするのも良いでしょう。オークションの市場は広範囲にわたるため、一般家庭に普及した商品や美術品を安く仕入れることもできます。

注意しておきたいこと

せどりを行なう上で注意しておくことがあります。それは、その商品の価値が見込めるのかといった知識が必要だということです。また、名前だけ知っている商品でも本物とは限りません。美術品には有名な作品が沢山ありますが、それを真似して作った贋作が多いのも事実です。

うっかり偽物を仕入れてしまわないよう、商品に対する知識を身につけましょう。例えば、古本屋さんでせどりをするのであれば、目的の本の初版印刷を探す方法があります。人気のある本は、もっと多くの人に読まれるよう自然に増刷されます。

また、増刷をする際には、誤字脱字のチェックが行われ、初版印刷の修正も重ねて行われます。これを重版といい、同じ本のタイトルとはいえ、初版か重版(初版以降の修正を加えて印刷された本)かによって、内容にも変化があります。コレクターはこうした本の違いに注目し、とりわけ初版印刷された本は著者の考えが大きく反映されていることから、初版本に価値をおくコレクターも少なくありません。

その商品に価値を見込めるだけの知識が必要になりますので、売買時は慎重に取引しましょう。
◇参考サイト:美術品買取・無料査定なら【総合美術買取センター】

Written by money style