簡単にできる「封筒を使った節約法」とは

PAK822_kaibunsyo14005645-thumb-815xauto-18366

封筒を使って節約ができる

日々の生活のために色々な節約術を取り入れて活用している方も多いと思いますが、節約術に使えるツールのひとつに封筒があります。
封筒が節約に役立つのと不思議に思う方もいるかもしれませんが、これが実は役立つのです。
今まで封筒を節約に使った事がなかったという方は、ぜひ封筒を使った節約術を取り入れてみる事をお勧めします。
あなたの生活もさらに無駄がなくなり、より節約上手な人になる事ができます。

封筒は市販されているものを購入するのも良いですし、銀行などに置いてある封筒でも構いません。
また、市役所などに置いてある封筒でも構いません。
用事があってこうした施設に行く方は、ついでに封筒も頂いておくと良いでしょう。
もちろんもらいすぎは禁物なので、余裕がある方は購入するのがお勧めです。

分類をハッキリさせる

こうして封筒を用意したら、分類をしていきます。
買い物などでレシートをもらえると思いますが、そのレシートをカテゴリーごとに分類して封筒に入れていくのです。
食費や公共料金、交際費など、大まかにでも良いのでまずは4つか5つほどのカテゴリーに分けておくと良いでしょう。
カテゴリーの名前を封筒ごとに書いておきます。
この時に書き込むペンは油性ペンでも水性ペンでもボールペンでも構いません。

カテゴリーを記入するとぱっと見ただけでどのカテゴリーの封筒なのかが分かりやすくなります。
より分かりやすくするためには大きめの文字で書いておくと良いでしょう。
すぐに見るだけでその封筒にレシートを入れれば良いかが分かるようになります。

こうして封筒にレシートを入れて管理していけば、どのカテゴリーでどのくらいの金額を使っているかが計算しやすくなりますし、たくさんレシートが入っている場合は使いすぎている可能性があります。
こうした状況の把握がしやすいので、封筒はとても役立つツールとして活用する事ができるのです。

封筒に入れたお金だけしか使わない

また、もうひとつ封筒を用意して、生活費として使っていくのもお勧めです。
毎月決まった額だけそこ入れるようにして、その額以上のお金は使わないようにします。
そうすると封筒の中の金額だけでやり繰りしようという気持ちが湧きやすくなるので、節約に繋がります。
あまり切り詰めるのは良くありませんが、なるべく無駄使いをしないような額を入れるようにすると良いでしょう。
こうする事で残ったお金は確実に貯金していく事ができるので、毎月目に見えてお金を貯められるようになります。

このように、封筒は普段から何気なく使っている方も多いかもしれませんが、節約のツールとしてとても役立つものになってくれるのです。
これまで封筒を活用した事がなかったという方はぜひ活用してみるのもお勧めです。

Written by SLm-o7uK