money style

結婚式への貯金はこうやって貯めよう!

結婚式への貯金は計画を立てて

結婚式をこれから控えているという方は結婚式のための資金を貯金する必要があります。
貯金は何となくではなかなかお金が貯まっていかないので、なるべく意識して貯めていく必要があります。
貯金をする上でまず大切になるのが計画です。
結婚式への貯金の場合はとても貯金がしやすいケースと言えます。

貯金は目的がないと難しい事が多いです。
モチベーションが保てないため途中で挫折しやすくなってしまいますが、結婚式への貯金の場合は強いモチベーションとなってくれるので目標の金額も貯めやすくなります。
計画は結婚式の申込みをする時期を目標にして、その際に必要な額を目指すようにすると良いでしょう。

1年後に結婚式をする予定として、1年間で150万円を貯めたいとします。
二人で貯める事になるので男性側で100万、女性側で50万円貯めるとします。
そうすると12ヶ月で男性は約8万円ずつ貯めていけば良いことになります。
ボーナス1回で20万円でこれを全額貯金するとすると、2回のボーナスで残りの貯金の必要額は60万円となります。
これを12ヶ月で貯めるとすると5万円となり、実家暮らしの方などなら比較的現実的な数字になります。

女性の方も見ていきます。
50万円を一年で貯めるならボーナスで10万円を2回で残りの貯金額は30万円となります。
これを12ヶ月で貯金するなら2.5万円ほどずつ貯めていけば良い事になります。

これは一例として挙げてみましたが、具体的な計画を立てる事でその目標の達成が現実的なものになるので、ぜひ一度考えてみる事をお勧めします。
あまり無理をしすぎるような貯金だと途中で挫折してしまいやすくなるので、なるべく無理のない計画を立てる事が大切になります。

口座を別に作る

貯金で貯めるお金を確実に確保するためにできる方法として、口座を別に作るという方法があります。
普段生活のために使っている口座とは別で口座を作る事で、その口座に結婚資金を貯めていく事ができます。
その口座のお金は一切手を付けないと決めておくと、より貯金も確実にしていきやすくなります。
口座を分けなくても別に良いのではと考える方もいますが、この効果はとても大きいです。
ぜひ活用してみる事をお勧めします。

貯金を確実にしてより良い結婚を

このようにして結婚式のための資金をしっかりと貯金していく事ができます。
貯金ができれば二人の理想の結婚式も挙げる事ができるので、その時を楽しみにしながら貯金を頑張ってみるのもお勧めです。
二人で貯金を頑張ればお互いの気持ちも理解し合う事ができますし、ちょっと大変な時にはおごってあげるなど、協力もしやすくなります。
きっと最高の結婚式が待っているはずですよ。

Written by money style